旧優生保護法下で障害者らが不妊手術を強制されるなどした問題で、自民、公明両党の与党ワーキングチーム(WT)は12日、具体的な救済策の検討を始めた。この問題をめぐっては、国に損害賠償を求める訴訟が各地で起こされているが、田村憲久座長(自民)は会合後、記者団に「判決がいつ出るかに関係なく、最大限のスピードで対応する。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング