プラ製ストロー相次ぐ廃止=海洋環境配慮、課題も

時事通信 / 2018年7月16日 14時50分

【ワシントン時事】米国などの大手企業でプラスチック製ストローの使用を取りやめる動きが相次いでいる。廃棄されたストローは海洋を汚染し、生物の体内に取り込まれる問題が指摘されてきた。数年前から盛り上がる草の根的な廃止運動が企業を動かした形だが、廃止には課題もある。薄い材質のプラスチック製ストローは海水で微小な「マイクロプラスチック」に短時間で分解され、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング