ロシア、北方領土特措法に反発=共同活動の「障害」

時事通信 / 2018年7月20日 7時8分

【モスクワ時事】ロシア外務省は19日、改正北方領土問題等解決促進特別措置法が18日の参院本会議で可決、成立したことを受けて声明を出し、北方四島における日ロの共同経済活動の実現に向けた「深刻な障害」になると反発した。声明は、法改正が「南クリール諸島(北方領土)を『日本固有の領土』などとするこじつけと直接結び付いている」と主張。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング