「権力の横暴際立った」=力不足に反省の弁も―野党

時事通信 / 2018年7月20日 20時57分

野党各党は20日、事実上閉幕した通常国会について、「権力の横暴が際立った」(国民民主党の玉木雄一郎共同代表)などと安倍政権の国会運営を批判した。巨大与党に対し、野党が共闘して臨む場面もあったが、小党分立で低迷する野党の力不足を自戒する声も聞かれた。立憲民主党の辻元清美国対委員長は、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング