敵討ちでワニ292匹虐殺=住民「再発防ぐ」、「野蛮」批判も―インドネシア

時事通信 / 2018年7月21日 14時55分

【ジャカルタ時事】インドネシア東部の西パプア州ソロンで、政府所有のワニ292匹が住民に虐殺される事件が起きた。飼育場の敷地に立ち入った男性がかみ殺されたことに対する敵討ちだとされる。住民側は「次の犠牲を防ぐため」と話したが、「野蛮」「残虐だ」と批判を浴びている。環境・林業省によると、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング