京大病院薬剤師2人を書類送検=調剤ミスで女性死亡―府警

時事通信 / 2018年7月23日 12時32分

京都大医学部付属病院(京都市左京区)に通院中の60代女性が高濃度のセレン製剤によって死亡した事故で、京都府警捜査1課は23日、製剤の調合を誤ったとして、いずれも同病院の薬剤師だった男(32)=大阪府茨木市=と女(38)=札幌市北区=を業務上過失致死の疑いで書類送検した。2人の認否は明らかにしていない。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング