【ソウル時事】北朝鮮国営メディアは、日本人男性の拘束について報じておらず、具体的な状況や容疑は明らかになっていない。専門家は、北朝鮮が拘束男性を事実上の「人質」として、日本政府との「交渉カード」に利用、揺さぶりをかけてくる可能性が高いとみている。韓国の拉致被害者家族でつくる「拉北者家族会」の崔成竜代表は11日、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング