平和の願い、継承を=両陛下に感謝、新天皇に期待―被爆地、沖縄・終戦記念日

時事通信 / 2018年8月15日 5時37分

天皇陛下は皇太子時代、終戦の日に加え、日本人が忘れてはならない四つの日として、沖縄戦終結の日(6月23日)と広島、長崎の原爆の日を挙げ、毎年黙とうをささげられてきた。被爆地や沖縄からは、平和を願ってきた両陛下への感謝と、次代への継承を求める声が上がった。2014年6月、学童疎開船「対馬丸」の犠牲者慰霊のため沖縄を訪れた両陛下を案内した対馬丸記念会理事長の高良政勝さん(78)は、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング