新種のナマズを発見=国内4種目、57年ぶり―琵琶湖博物館など

時事通信 / 2018年8月17日 19時48分

滋賀県立琵琶湖博物館の田畑諒一学芸技師と北九州市立自然史・歴史博物館の日比野友亮学芸員の研究グループは17日、新種のナマズ「タニガワナマズ」を発見したと発表した。国内では57年ぶりの新種発見で、国内4種目、世界で17種目になるという。16日付の国際学術誌「ズータクサ」に掲載された。研究グループによると、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング