米、信用に値せず=核合意離脱は「無責任」―イラン駐日大使

時事通信 / 2018年9月12日 19時57分

イランのラフマニ駐日大使は12日午後、東京都内の日本記者クラブで記者会見し、5月にイラン核合意から離脱したトランプ政権を「信用に値しない」と強く非難した。環太平洋連携協定(TPP)や地球温暖化対策のパリ協定離脱と同様「国際的責任を欠く」と批判した。核合意には「政治と経済の二つの意味がある」と指摘。政治的には、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング