中国人は甘口好み=北京で初の日本酒品評会

時事通信 / 2018年9月25日 17時30分

【北京時事】中国人の口に合う日本酒はどれかを競う初の本格的な品評会「第1回アジア国際美酒コンテストinChina」の授賞式が25日、北京の日本大使館で行われ、最高点を獲得した「ゴールデンドラゴン賞」に大関(兵庫県西宮市)の「極上の甘口」が選ばれた。得点上位には「予想外」(実行委員会)に甘口の酒が並び、中国人の甘口好みが鮮明になった。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング