KYB、免震装置で改ざん=マンションや病院に使用―国交省が迅速な交換指示

時事通信 / 2018年10月16日 17時44分

東証1部上場の産業部品メーカー、KYBは16日、建物用免震装置の一部で検査データの改ざんが判明したと発表した。対象製品はマンションや病院、橋などに使われており、交換する。不正は15年以上にわたる可能性があるという。国土交通省は交換の迅速な実施に加え、原因究明や再発防止策の報告などを指示した。記者会見した中島康輔社長は「不適切な行為が継続していたことを深く反省する」と述べた。改ざんが見つかったのは、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング