記者殺害疑惑、サウジ皇太子関与説強まる=「改革者」の強権に懸念も

時事通信 / 2018年10月18日 15時48分

【カイロ時事】サウジアラビア人記者のジャマル・カショギ氏がトルコにあるサウジ総領事館で殺害された疑惑で、サウジのムハンマド皇太子(33)の濃厚な関与を疑わせる情報が次々と浮上している。「次期国王」の威信が失墜すれば、対外的な印象悪化に加え、国内の反発から権力闘争も再燃しかねない。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング