腕に防御創、事件前やりとりか=死傷の80代夫婦―埼玉県警

時事通信 / 2018年10月21日 20時43分

埼玉県和光市にあるマンションの一室で80代夫婦が刃物で殺傷され、孫で中学3年の男子生徒(15)が逮捕された事件で、祖父母の腕には防御創があることが21日、捜査関係者への取材で分かった。防御創は攻撃から身を守ろうとした際にできる傷で、県警は事件前に生徒と祖父母の間に何らかのやりとりがあったとみている。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング