未完「サグラダ・ファミリア」に建築許可=130年の違法状態解消―スペイン

時事通信 / 2018年10月22日 8時20分

【パリ時事】スペイン・バルセロナで1882年に着工し、現在も建設が続く未完成の教会「サグラダ・ファミリア」が、市政府から正式な建築許可を得ることがこのほど決まった。130年余りも許可がなく、違法建築状態が続いていたが、ようやく解消されることになった。世界遺産に登録され、観光名所として知られるサグラダ・ファミリアは、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング