北方2島の主権は交渉対象=日ソ共同宣言でロ大統領

時事通信 / 2018年11月15日 19時12分

【モスクワ時事】ロシアのプーチン大統領は15日、北方領土問題を含む日ロの平和条約締結交渉の基礎となる1956年の日ソ共同宣言について、歯舞、色丹2島の引き渡し後の主権については明記されておらず、今後の交渉対象になるとの見方を示した。訪問先のシンガポールで記者会見し語った。宣言は平和条約締結後の歯舞、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング