空自隊員が後輩暴行=身分証偽造も、処分―山口

時事通信 / 2018年11月15日 12時32分

航空自衛隊防府北基地(山口県防府市)は15日、30代の2等空曹が複数の後輩隊員を指導する際、平手打ちなどの暴行を加えたとして、同日付で減給の懲戒処分にしたと発表した。2等空曹は、2014年10月ごろから16年11月ごろまで、10人の後輩隊員に対して、服装などに問題があったとして計11回暴行を加えた。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング