日本トイザらス、事業継続=親会社株の売却先決定で

時事通信 / 2018年11月16日 19時26分

玩具販売大手日本トイザらス(川崎市)の親会社、トイザらス・アジア(香港)は16日、経営破綻した米トイザラスが保有していたトイザらス・アジア株式85%の売却先が決まったと発表した。これにより、日本事業は「今まで通り営業を継続し、新規出店などの投資を行っていく」(日本トイザらス広報担当者)という。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング