自動車業界、超高額報酬が定着=GMは25億円―従業員との格差拡大

時事通信 / 2018年11月20日 7時51分

【ニューヨーク時事】日本最高レベルの報酬額がたびたび注目を集めた日産自動車の会長カルロス・ゴーン容疑者。ただ、欧米では経営トップの報酬が高額化しており、自動車大手でも10億円超は珍しくない。一方で、超高額化が顕著な米国では、従業員との格差を問題視する声もある。日産と仏ルノー、三菱自動車の発表によると、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング