エリクソン、ソフトバンク携帯障害を謝罪=原因特定、英でも接続不調

時事通信 / 2018年12月7日 11時5分

【ウィーン時事】スウェーデン通信機器大手エリクソンは6日、日本のソフトバンクで起きた大規模な通信障害の原因が、自社のソフトウエアにあると発表した。同様の障害は英国など世界の複数の国でも発生。エクホルム最高経営責任者(CEO)は声明で「われわれの顧客の通信会社だけでなく、通信会社の利用者にもおわびする」と述べた。エリクソンによると、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング