日本の刑事手続きに批判集中=ゴーン容疑者再逮捕で―仏メディア

時事通信 / 2018年12月10日 18時28分

【パリ時事】日産自動車の前会長カルロス・ゴーン容疑者は10日の再逮捕で、勾留がさらに長期化することになった。同容疑者が会長を務める自動車大手ルノーの拠点フランスでは、勾留長期化のほか、取り調べに弁護人が同席できないなど、フランスと異なる日本の刑事手続きへの批判がますます強まっている。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング