「中国に恥」と逃亡否定=ファーウェイCFO、保釈可否結論出ず

時事通信 / 2018年12月11日 11時3分

【ニューヨーク時事】米国の要請で中国通信機器大手・華為技術(ファーウェイ)の孟晩舟・副会長兼最高財務責任者(CFO)がカナダで逮捕された事件で、孟容疑者の保釈の可否をめぐる審理が10日、カナダ西部バンクーバーの裁判所で再開した。孟容疑者の弁護人は審理で、中国大手企業の「顔」である孟容疑者が逃亡すれば、「彼女が中国に恥をかかせることになると言っても過言ではない」として国外逃亡の動機がないと主張し、保釈を求めた。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング