「加害者と誤解」に憤り=中1自殺で父親―鹿児島・奄美

時事通信 / 2018年12月11日 18時53分

鹿児島県奄美市で2015年、市立中学1年の男子生徒=当時(13)=が自殺した問題で、担任教諭が生徒をいじめの加害者と思い込んで指導したのが自殺の原因とする第三者調査委員会の報告書が公表されたことを受け、父親が11日、県庁で記者会見した。父親は生徒を加害者と断定していた市の対応について、「非常に憤りを感じる」と批判した。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング