葛飾区議の当選無効確定=上告退ける、失職へ―最高裁

時事通信 / 2018年12月12日 17時58分

昨年11月の東京都葛飾区議選で最下位当選した大森有希子氏(36)が、票の再点検で当選を無効とした都選挙管理委員会の裁決取り消しを求めた訴訟で、最高裁第3小法廷(戸倉三郎裁判長)は11日付で、大森氏の上告を退ける決定をした。当選無効が確定した。大森氏は失職する。都選管は今年2月、他の候補者と似た「大森ひでこ」「大森ようこ」の2票を無効と判断。大森氏と1票差で落選した男性が上回ったとして、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング