ヤマハ発、配車サービスで提携=アジア大手に170億円出資

時事通信 / 2018年12月13日 17時35分

ヤマハ発動機は13日、東南アジアの配車サービス大手「グラブ」と提携し、1億5000万ドル(約170億円)を出資すると発表した。インドネシアを中心に二輪タクシー分野で協力し、成長が期待される配車サービスのノウハウを蓄積する。具体的には、グラブのアプリを使って呼び出した二輪タクシーのドライバーを評価するシステムをヤマハ発が提供する。携帯端末のセンサーなどを使い、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング