年末年始、大雪の恐れ=北日本の日本海側―気象協会

時事通信 / 2018年12月14日 13時58分

日本気象協会は14日、年末年始(29日から来年1月3日)は冬型の気圧配置となって寒気の影響を受ける日が多く、北日本(北海道と東北)の日本海側では大雪となる恐れがあると発表した。車での帰省などの際はタイヤチェーンを携行し、交通情報を確認する必要があるという。気象庁も13日発表した1カ月予報で、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング