小池都知事「地方分権は死んだ」=都税再配分額が倍増―与党税制改正大綱

時事通信 / 2018年12月14日 16時53分

2019年度与党税制改正で14日、税収が集中する東京都から地方への地方法人課税の再配分額が、現在の年間約4200億円から9200億円程度へと2倍超に膨らむことが決まった。都税を一度国税化した上で地方に振り分ける仕組みに対し、小池百合子都知事は同日の会見で「地方分権の真逆に行く国税化の措置が繰り返される。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング