父の遺体を放置=遺棄容疑で次男逮捕―千葉県警

時事通信 / 2018年12月15日 16時48分

千葉県鎌ケ谷市の自宅に父親の遺体を放置したとして、県警鎌ケ谷署は15日、死体遺棄の疑いで会社員黒田誠容疑者(42)を逮捕した。容疑を認め、「6月下旬ごろ父が死んだので、そのまま家を出た」という趣旨の供述をしているという。逮捕容疑は6月下旬ごろ~今月5日、父栄一さん=当時(74)=の遺体を同市東道野辺にある自宅寝室のベッドに放置した疑い。[時事通信社]

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング