北朝鮮渡航禁止、見直し示唆=米朝協議進展狙いか―米高官

時事通信 / 2018年12月19日 19時39分

【ソウル時事】米国務省のビーガン北朝鮮担当特別代表が19日、韓国入りした。ビーガン氏はソウル郊外の仁川空港に到着後、韓国記者団に対し、米国人の北朝鮮渡航禁止について、「人道支援物資の搬送に影響を与えかねない」と述べ、見直す考えを示唆した。聯合ニュースが伝えた。ビーガン氏は「民間団体の北朝鮮人道支援について米国の政策を再検討するよう、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング