「死刑」に取り乱さず=深々と頭下げ退廷―山田被告

時事通信 / 2018年12月19日 18時10分

大阪地裁で19日にあった大阪府寝屋川市の中1男女殺害事件の判決。山田浩二被告(48)は裁判長から死刑を言い渡された際も取り乱すことなく、裁判長や遺族に向かって深々と頭を下げた。午後2時、髪を短く刈り込んだ山田被告は緑色の作業着のような姿で入廷。11月の初公判では突然土下座をして裁判長から注意される場面もあったが、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング