伊藤正男氏死去=脳科学の世界的権威

時事通信 / 2018年12月19日 22時5分

伊藤正男氏(いとう・まさお=東京大名誉教授、元理化学研究所脳科学総合研究センター所長)18日、老衰のため東京都内で死去、90歳。名古屋市出身。葬儀は27日午前9時30分から東京都府中市多磨町2の1の1の日華斎場で。喪主は妻翠子(みどり)さん。脳科学の世界的権威として知られる。小脳の神経回路網の構造と機能の研究で優れた業績を挙げ、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング