中国特使の訪朝に期待も…実効性に疑問符 序列低い宋氏抜擢、「失敗」織り込みか

夕刊フジ / 2017年11月18日 17時12分

中国の習近平国家主席の特使として、中国共産党中央対外連絡部長の宋濤氏が17日、北朝鮮を訪れた。10月の党大会の報告を目的にした訪問には米朝対話の糸口を探る狙いもあるとみられ、期待が集まっているが、実効性には疑問符が付く。対話再開の条件である「核・ミサイル」完全放棄に北朝鮮が応じる見込みはほぼないからだ。過去の特使に比べて宋氏の序列は低い。中国も「失敗」を織り込んでいるのか。「Abigmove,we’llseewhathappens!」(大きな動きだ。何が起きるのか見てみよう!)ドナルド・トランプ米大統領は16日、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング