写真

 12月18日、東京株式市場で日経平均は5日ぶりに急反発。前週末比で348円高となり、終値は1週間ぶりに2万2900円台を回復した。米税制改革法案の成立期待の高まりで前週末の米国株が上昇した流れを引き継いだ。写真は都内で9月撮影(2017年 ロイター/Toru Hanai)

[東京18日ロイター]-東京株式市場で日経平均は5日ぶりに急反発。前週末比で348円高となり、終値は1週間ぶりに2万2900円台を回復した。米税制改革法案の成立期待の高まりで前週末の米国株が上昇した流れを引き継いだ。リスク選好姿勢が広がる中、序盤から幅広く買いが優勢の展開。TOPIXは11月8日に付けた終値ベースでの年初来高値を更新。石油・石炭を除く32業種が値上がりした。 東証1部の売買代金は前営業日比で19%減の2兆6934億円だった。セクター別ではパルプ・紙が上昇率トップ。保険、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング