写真

 11月18日、北朝鮮国営の朝鮮中央通信(KCNA)は、北朝鮮は何の見返りもなしに、トランプ米大統領が自慢できるような内容を提供することはない、とする北朝鮮の声明を伝えた。写真は6月30日、板門店で撮影(2019年 ロイター/Kevin Lamarque)

[ソウル18日ロイター]-北朝鮮は18日、トランプ米大統領が成果を誇示するだけの意味のない協議にもはや関心はない、とし、米国が対話を望むなら、北朝鮮敵視政策を撤回すべきと主張した。北朝鮮国営の朝鮮中央通信(KCNA)が金桂冠・外務省顧問の声明として報じた。 「米国がわれわれとの対話を本当に放棄したくないのであれば、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング