写真

 2月18日、スシローグローバルホールディングスと日本政策投資銀行は、次世代の「食」に関連した産業の構築と育成を図るための業務協力協定を締結したと発表した。埼玉県で2016年撮影(2019年 ロイター/Issei Kato)

[東京18日ロイター]-スシローグローバルホールディングス(SGH)と日本政策投資銀行(DBJ)は18日、次世代の「食」に関連した産業の構築と育成を図るための業務協力協定を締結したと発表した。 具体的には、農業、水産業などの第1次産業の育成、飲食業のイノベーション促進などで、投資ファンド組成も視野に入れた共同投資を行う予定。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング