アングル:物価目標に思わぬ壁、AIとロボットが労働コスト吸収

ロイター / 2019年6月18日 12時51分

金子かおり伊藤純夫 [東京18日ロイター]-日銀が目指す安定的な物価2%の実現には、多くのハードルが立ちはだかる。いま、思わぬブレーキになっているのが、ロボットや人工知能(AI)などを活用した企業の省力化投資だ。 生産性向上に向けた企業努力は「日本経済の持続的な成長と様々な不安心理の解消」(黒田東彦総裁)につながり、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング