中国のウイグル人巡る対応は「世紀の汚点」=米国務長官

ロイター / 2019年7月19日 1時24分

[ワシントン18日ロイター]-ポンペオ米国務長官は18日、新疆ウイグル自治区のイスラム教徒に対する中国政府の対応は「世紀の汚点」だと非難した。 国務長官は米国が主催した信教の自由に関する国際会議の席で「中国は現代において最悪とも言える人権危機がまかり通っている国で、間違いなく世紀の汚点だ」と指摘。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング