キリン、シェア上昇=「第三」好調、アサヒに迫る―18年ビール類出荷

時事通信 / 2019年1月16日 19時31分

ビール大手5社が16日発表した2018年のビール類出荷量(ビール、発泡酒、第三のビール)によると、アサヒビールは首位を保ったものの、前年比1.7ポイント減の37.4%とシェアを落とした。第三のビールが好調だった2位のキリンビールは2.6ポイント増の34.4%とライバルを猛追。両社の差は3%まで縮まった。ビール類出荷量が唯一プラスだったキリンの原動力は350ミリリットル缶でビールより80円程度安い第三のビール「本麒麟」(18年3月発売)。味わいがビールに近く、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング