韓国の無礼発言「不適切」=レーダー照射問題で河野統幕長

時事通信 / 2019年1月17日 17時2分

自衛隊制服組トップの河野克俊統合幕僚長は17日の定例会見で、韓国駆逐艦による海上自衛隊哨戒機への火器管制レーダー照射問題をめぐり、日本の要求を無礼だとした韓国国防省報道官の発言に対し、「極めて不適切で、遺憾だ」と批判した。河野統幕長は、日本が求めた双方のデータ交換について、「韓国側と突き合わせないと客観的評価ができない」と正当性を強調し、「韓国側は真摯(しんし)に受け止め、事実を認めて再発防止に努めてもらいたい」と述べた。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング