イプシロン4号機打ち上げ=「人工流れ星」衛星など搭載―JAXA

時事通信 / 2019年1月18日 9時57分

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は18日午前9時50分、人工的に流れ星を発生させる小型衛星など7基を搭載した固体燃料ロケット「イプシロン」4号機を、鹿児島県肝付町の内之浦宇宙空間観測所から打ち上げた。 [時事通信社]

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング