宗教団体研修ではしか拡大=「医薬に依存せず」40人超に―津

時事通信 / 2019年1月23日 11時7分

津市で昨年末に開かれた宗教団体の研修会で、はしかの集団感染が発生し、参加者だけでなく家族や医療関係者なども合わせ三重県の内外40人以上に広がっていることが分かった。県が23日までに発表し、感染拡大の恐れもあるとして注意を呼び掛けている。研修会は宗教団体「ミロクコミュニティ救世神教」(津市)が昨年12月23~30日に市内の教団施設で開催した。三重や愛知、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング