メキシコの殺人被害、過去最多3万3千人=日本企業集中地域が最悪

時事通信 / 2019年1月23日 16時34分

【サンパウロ時事】メキシコ内務省は22日までに、2018年に認知した殺人件数は2万8816件で、被害者数は3万3341人に上ったと発表した。件数は前年比15.0%増、被害者数は15.5%増で、ワースト記録を更新した。人口10万人当たりの殺人発生率は23.1件。警察庁の統計では、日本の殺人発生率は未遂事件を含めても1件未満で推移している。麻薬密売組織間の抗争や警察組織の腐敗などで治安悪化に歯止めがかからず、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング