新聞協会、郵便の土曜配達廃止に反対=山間部や離島に影響

時事通信 / 2019年1月23日 20時33分

日本新聞協会は23日、日本郵便が総務省に制度改正を要望している普通郵便物の土曜配達の廃止について反対を表明した。新聞を郵送している山間部や離島での配達が難しくなるため。同日開かれた情報通信審議会(総務相の諮問機関)の郵便局活性化委員会に、新聞協会の川田幸雄販売委員長が出席し反対。川田氏は「土曜日の朝刊が(月曜日に)2日遅れで届くことになり、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング