帰還困難区域で窃盗容疑=64歳男、500件関与か―福島県警

時事通信 / 2019年1月24日 0時19分

東京電力福島第1原発事故で帰還困難区域に指定された福島県双葉町の民家でSDカードを盗んだなどとして、県警双葉署が窃盗容疑などで、住所不定の無職風間悟被告(64)=銃刀法違反罪で起訴=を追送検していたことが23日、分かった。追送検は18日付。同被告は約500件の窃盗や民家への侵入について認める供述をしており、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング