いちごから基準値超え農薬=「とちおとめ」3700パック回収へ―栃木

時事通信 / 2019年1月24日 20時41分

栃木県は24日、壬生町の農家が生産した県産いちご「とちおとめ」から基準値を超える残留農薬を検出したと発表した。健康に影響を及ぼす可能性は低いというが、市場に流通している計約3700パックなどを回収する方針。県によると、基準値を超える疑いがあるのは、4~22日に宮城、千葉、東京、神奈川各都県の6市場に出荷した計約3700パック(約1000キロ)と加工用の約24キロ分。ハダニの発生に困った農家が殺虫剤として使われるプロチオホスとフルフェノクスロンを、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング