白血病、治癒すれば選手復帰も=移植要否など検査―患者団体「頑張れる姿を」

時事通信 / 2019年2月12日 20時55分

競泳の池江璃花子選手(18)が診断された白血病は、がん化した血液細胞が増殖する血液のがんで、さまざまな種類がある。抗がん剤による化学療法が中心だが、骨髄などの造血幹細胞移植が必要と判断される場合もある。白血病の生存率はかつては低かったが、近年は向上しており、専門家は「仮に移植が必要になっても、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング