次世代戦闘機35年導入か=中国、米軍に対抗

時事通信 / 2019年2月12日 14時25分

【北京時事】12日付の中国共産党機関紙・人民日報系の環球時報英語版は、中国が2035年までに第6世代戦闘機を導入するという見方を報じた。第6世代戦闘機は、現在運用されている最先端の第5世代機よりステルス性能が向上し、無人機や人工知能との連携が強化されるとみられる。同紙は、第5世代戦闘機「殲20」の開発に関わった航空技術専門家の王海峰氏が兵器専門誌で明らかにした見解を基に伝えた。王氏は、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング