飼い猫に「ブレグジット」と命名=仏担当相、英に痛烈皮肉

時事通信 / 2019年3月19日 5時51分

【ロンドン時事】英国の欧州連合(EU)離脱をめぐり、フランスのロワゾー欧州問題担当相が自らの飼い猫に「ブレグジット(英EU離脱)」と名付けたことが話題を呼んでいる。猫の気まぐれな行動と英国の煮え切らない姿勢を重ね合わせた痛烈な皮肉に、18日の英メディアは「EU離脱の最近の動きにはちっとも笑えないが、フランスの大臣が笑わせてくれた」(メトロ紙)などと報じている。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング