セブン、短縮営業の実験開始=直営10店で数カ月間

時事通信 / 2019年3月22日 5時18分

セブン―イレブン・ジャパンは、24時間営業の見直しの是非を探るため、21日夜から全国の直営10店舗で短縮営業の実証実験を始めた。実験では、午前7時~午後11時、午前6時~翌午前0時、午前5時~翌午前1時の三つの営業時間を設定した。今後数カ月にわたって行う。対象店舗の一つである本木店(東京都足立区)では22日午前1時に屋外の看板を消灯し、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング