おもてなし、条例制定加速=都、実効性で課題も―東京五輪500日切る

時事通信 / 2019年3月22日 7時17分

東京大会の開催都市として、おもてなしの力を高めようと東京都は昨年から、国際基準を意識した条例を相次ぎ制定してきた。3月中には都内の全客室のバリアフリー化を促す全国初の条例案も成立する見通しで、制度づくりが加速している。ただ、実効性の面では課題も指摘されている。昨年6月に成立した受動喫煙防止条例は飲食店などについて、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング